ピクサーの知りたくなかった事実!?

みなさんピクサーと言えば何を思い浮かべますか??

「トイストーリー」「カーズ」といったディズニーアトラクションになっているものも「レミーの美味しいレストラン」「アーロと少年」といった映画がメインのものまで多くの有名作がありますね!

そしてどれも魅力的なエピソード現実とファンタジーの中間にある綺麗なグラフィックはいつ見ても夢に惹き込まれる体験ですよね。


本紹介

ストーリーとテクノロジーで今まで誰もやらなかったことを成し遂げる信念のもと成長を続けたピクサーの語られなかった「お金」の話を惜しみなく語られた本を紹介します。

PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話という本です。

これまで僕は PIXAR というのは誰もが憧れるアニメーション企業であり、これまでも順風満帆な成功ルートを辿ってきたんだと思っていました。

しかし、良い意味でも悪い意味でも、この本を読んで全く逆の印象を持ったのです。

この本ではピクサーがディズニーとの厳しい契約の中でここまでディズニーと対等になるまでの苦労と、株式公開に当たっての苦しい道のりが紹介されています。

その中でも、僕が注目して欲しいのは以下部分です。

  • トップダウンの似合わないピクサー文化の中で圧倒的カリスマの「スティーブ・ジョブズ」が厄介者とされていた背景
  • 株式公開に至る準備と様々な折衝
  • ゴールドマンサックスとモルガン・スタンレーという二大投資銀行に断れながらも、成し遂げた株式公開


おすすめの対象者

この本はピクサーのビジネス面を描いています。
アニメーション企業であるが故の難しさも多く、また大手企業(ディズニー)との厳しい契約についても書かれています。

ディズニー・ピクサーファンではなくても楽しめる内容になっています。

そこで僕が思うこの本を読んで欲しい対象者は以下のみなさまです。

  • 経営に興味がある人
  • イノベーションに興味がある人
  • スティーブ・ジョブズか好きな人
  • 株式公開のステップを覗いてみたい人
  • 米国企業の成長過程を知りたい人


最後に

この本はピクサーの厳しい時代のことを書いていて、非常に興味深かったです。

どこの企業もそうかもしれませんが、順風満帆なんて企業はあまり多くないのですね。

【最近傍探索ライブラリ】CentOS に Annoy を入れる方法

何の記事??

以前以下のような記事を書きました。

www.geeeek.site

Spotify が開発した、似たベクトルを探し出す(最近傍探索)ライブラリの Annoy を紹介する記事でした。

相変わらず Annoy にはお世話になっているんですが、CentOS に入れようとしたところエラーが発生したので備忘録がてら書き起こします。


Annoy のインストール

Annoy は pip でインストールが簡単にできます。

以下のコマンドですね。

pip3 install annoy

いつも通りにインストールしようとしたら

gcc: error trying to exec 'cc1plus': execvp: No such file or directory

cc1plus がないと怒られてしまいました。。。


解決方法

gcc-c++ を事前に入れておく必要があったんですね。

sudo yum install gcc-c++

これを行なった後で、再び pip3 install annoy を行なったら正常にインストールされました!

特にアップデートがあったとかではなさそうなので、おそらく今までは何かしらの依存関係で gcc-c++ を入れていたんですかね?

何はともあれ解決できてよかったです!!


最後に

最近傍探索の強力なライブラリは、Facebook が開発した faiss など様々ありますが Annoy は pip で気軽にインストールができるのが良いですね!!

世界的SNSを作り出した天才達のストーリー

早速ですが、皆さん Facebook は使っていますか??

世界的な SNS である Facebook が成功をおさめていることは言うまでもありません。
現に創業者である CEO のマーク・ザッカーバーグ氏は 2020年の世界長者番付でも547億ドルで第7位に入っていましたね。

ザッカーバーグ
マーク・ザッカーバーグ


映画紹介

そんなザッカーバーグが Facebook を開発し、それを大きくするまでの物語が描かれた映画を紹介します。

ソーシャルネットワーク

ソーシャルネットワーク

世界最年少の億万長者、マーク・ザッカーバーグの生き様を何と揉め事をメインに描写されているのは斬新でした。

割とザッカーバーグの歴史みたいなのは知っていたつもりだったのですが、こんな壮絶な裏側があったとは・・・

ちなみに僕は Netflix で見ました。Netflix 契約している人は借りたりする必要ありませんのでご注意を!


ここに注目して欲しい!!

僕が思うこの映画の見所としては、以下の3つです。

  • Facebook の前身となるサービスの知財権に関する揉め事
  • Facebook 初代CEO のショーンパーカーとの出会い
  • 親友エドゥアルド(ビジネスパートナー)との惜別
Facebook の前身となるサービスの知財権に関する揉め事

Facebook ができた経緯を知っている方は多いかもしれません。ただ、この揉め事を知っている方はあまり多くはないのではないでしょうか?

天才故に、アイデアをわずか数週間で開発してしまったザッカーバーグですが、これが理由で非常に厄介な揉め事を起こしていきます。

天才ならではの苦労なんですかね・・・羨ましい悩みです笑

Facebook 初代CEO のショーンパーカーとの出会い

実は Facebook の初代 CEO は、ザッカーバーグではありません。
ザッカーバーグと意気投合したショーンパーカーの発言や行動がよくも悪くもザッカーバーグの人生を大きく動かします。

そんな彼との出会いは注目のポイントです。

親友エドゥアルド(ビジネスパートナー)との惜別

友達の多くないザッカーバーグでしたが、彼の能力と Facebook の可能性を信じ続けてくれた親友エドゥアルドの存在はとても大きいです。

しかし、そんな彼とは最終的に惜別することに・・・何があったのか是非注目してくださいね。

Apple も創業期、ジョブズは、スティーブ・ウォズニアックに支えられていました。やはり誰でも一人で大きなことは成し遂げられず、いつも影となって支える絶対的信頼のあるパートナーがいるんですね。


最後に

この映画は時系列が非常に難しく、最初は途中で見るのをやめようかと思いました。

ただ見続けるうちに理解が追いつくので、最初45分は辛抱して見てみてください。途中でやめると後悔します!!